合宿で運転免許を取る

初めての運転免許の取得で時間の融通が利けば、圧倒的にお得なのが合宿免許を利用する方法です。期間もほぼ2週間で済みますし、費用は教習所に通うよりも7~8万円前後安く済みます。ここでは、合宿を利用した運転免許を取得するための流れを説明します。

まずは申し込みです。電話やメールなどで申し込みを行います。
2週間以上宿泊するので安いだけではなく、宿泊施設や食事、近所のお店などを調べ途中で嫌にならないところを探すようにしましょう。
そして教習所に入校です。
現地の教習所まで自身で向かいます。現地集合の場合が多くなります。
時間に間に合わなければ取得できない可能性もあるので、余裕をもって向かうようにしましょう。
入校すると、入校検査・適性検査を受けます。
1番注意しなくてはいけないのは、メガネの有無です。車に乗るための視力が足りなければ技能講習は受けられません。視力は前もって確認しておきましょう。

第1段階は教習所内での技能講習が中心です。学科講習、技能講習、効果測定が行われます。そして修了検定、教習所内での技能テストです。そして仮免学科試験を受けます。正誤テスト9割以上で合格です。第2段階は路上での技能講習が中心です。そして、いよいよ卒業検定です。路上での技能テストとなります。卒業検定に受かると、卒業証書交付となります。有効期限は1年間です。その後、運転免許センターで学科試験、適性検査などを受けます。そして、ついに免許証交付です。学科試験、適性検査などに合格すると免許証が交付されます。

車の運転は、一歩間違えれば人の命を奪ってしまうこともあります。運転免許証があるからといって、自分勝手な運転ができる訳ではありません。交通ルールをしっかり守り、常に安全運転を心がけましょう。

運転免許あれこれ

運転免許を取得するための3つの方法ですが、それぞれの特徴をあげてみましょう。まずは1番オーソドックスな教習所に通い取得する方法です。自宅などから教習所に通い、運転に必要な実技と学科を習います。時間の融通が利くため、仕事をしながらでも取ることができます。取得期間はきめられていて、あまり長い時間掛けられる訳ではありません。費用はMT免許で30万円前後、AT限定免許で28万円前後が相場です。内訳は入学金、技能講習、学科講習の費用と教科書代や検定料などの諸経費です。技能講習は合格できなければ再講習の必要があり、さらに費用が掛かります。MT免許とはマニュアル・オートマチック車の両方が運転でき、AT限定免許とは文字通りオートマチック車限定のものです。

合宿で運転免許を取得する方法は、宿舎などに泊まり込み定められた期間で技能教講習と学科講習を受ける手法です。2、3日という訳にはいきませんので、ある程度時間の融通は必要ですが、教習所に通うより短期間で取ることができます。AT限定免許だと2週間程度で、MT免許はプラス2日間です。費用はMT免許で23万円前後、AT限定免許で20万円前後になります。時間に融通が利き、短時間で安く取得したい人にはベストな方法です。

最後に、免許センターで直接取得する方法です。これは、教習所や合宿に行くことなく直接試験を受けます。公道は運転免許証を持っていない限り運転できませんので、基本的には免許を再取得する方が取る手法です。学科試験、実技試験などを含め最短10日以内で取得できます。費用も1回で合格すれば、諸経費のみで24,450円で済みます。しかし、実技試験が厳しく1回で合格することはまれです。

運転免許の取り方

運転免許証といえば、何を思い浮かべますか。最近では、趣味の幅も広がりいろいろな免許を持っている方も多いようです。代表的なところでは、やはり船舶免許になります。趣味の代表格といえばフィッシング、釣り。船釣りを楽しむために船舶免許を取る方も多いのではないでしょうか。変わったところでは飛行機の操縦免許ですが、これは飛行機自体メジャーな乗り物ではないので所持している人も多くはありません。そして、何と言ってもダントツに多いのが自動車の運転免許でしょう。他と違い、生活に必需な乗り物の免許なので取得している人の人数も桁が違います。ここでは、自動車の運転免許証の取得の方法をご紹介します

自動車の運転免許も昭和40年代までは、男性のものというイメージがありました。現に所持の割合も男性8割、女性2割の構成でした。1990年代に入り女性の所持率も増え、今ではほぼ同率になっています。車自体が生活必需品になり、働く上でも必要になったことが大きいと言えます。他にも、女性の社会進出が影響したのでしょう。現在マイカーは日常の買い物だけではなく、子どものための送り迎えまで、なくてはならないアイテムとして位置づけられています。

運転免許には、大きく分けて3つの取得の方法があります。「教習所で免許を取得する」、「合宿で免許を取得する」、「免許センターで直接取得する」の3種類です。それぞれにメリットとデメリットがあり、取得方法や必要な時間、掛かる金額も変わってきます。つぎの章では、それぞれの特徴について説明します。