運転免許あれこれ

運転免許を取得するための3つの方法ですが、それぞれの特徴をあげてみましょう。まずは1番オーソドックスな教習所に通い取得する方法です。自宅などから教習所に通い、運転に必要な実技と学科を習います。時間の融通が利くため、仕事をしながらでも取ることができます。取得期間はきめられていて、あまり長い時間掛けられる訳ではありません。費用はMT免許で30万円前後、AT限定免許で28万円前後が相場です。内訳は入学金、技能講習、学科講習の費用と教科書代や検定料などの諸経費です。技能講習は合格できなければ再講習の必要があり、さらに費用が掛かります。MT免許とはマニュアル・オートマチック車の両方が運転でき、AT限定免許とは文字通りオートマチック車限定のものです。

合宿で運転免許を取得する方法は、宿舎などに泊まり込み定められた期間で技能教講習と学科講習を受ける手法です。2、3日という訳にはいきませんので、ある程度時間の融通は必要ですが、教習所に通うより短期間で取ることができます。AT限定免許だと2週間程度で、MT免許はプラス2日間です。費用はMT免許で23万円前後、AT限定免許で20万円前後になります。時間に融通が利き、短時間で安く取得したい人にはベストな方法です。

関連資料≪合宿免許の激安・格安プランをご紹介|合宿免許の免許の匠
合宿免許のプランの確認・教習所の予約ができます。

最後に、免許センターで直接取得する方法です。これは、教習所や合宿に行くことなく直接試験を受けます。公道は運転免許証を持っていない限り運転できませんので、基本的には免許を再取得する方が取る手法です。学科試験、実技試験などを含め最短10日以内で取得できます。費用も1回で合格すれば、諸経費のみで24,450円で済みます。しかし、実技試験が厳しく1回で合格することはまれです。