運転免許の取り方

運転免許証といえば、何を思い浮かべますか。最近では、趣味の幅も広がりいろいろな免許を持っている方も多いようです。代表的なところでは、やはり船舶免許になります。趣味の代表格といえばフィッシング、釣り。船釣りを楽しむために船舶免許を取る方も多いのではないでしょうか。変わったところでは飛行機の操縦免許ですが、これは飛行機自体メジャーな乗り物ではないので所持している人も多くはありません。そして、何と言ってもダントツに多いのが自動車の運転免許でしょう。他と違い、生活に必需な乗り物の免許なので取得している人の人数も桁が違います。ここでは、自動車の運転免許証の取得の方法をご紹介します

自動車の運転免許も昭和40年代までは、男性のものというイメージがありました。現に所持の割合も男性8割、女性2割の構成でした。1990年代に入り女性の所持率も増え、今ではほぼ同率になっています。車自体が生活必需品になり、働く上でも必要になったことが大きいと言えます。他にも、女性の社会進出が影響したのでしょう。現在マイカーは日常の買い物だけではなく、子どものための送り迎えまで、なくてはならないアイテムとして位置づけられています。

運転免許には、大きく分けて3つの取得の方法があります。「教習所で免許を取得する」、「合宿で免許を取得する」、「免許センターで直接取得する」の3種類です。それぞれにメリットとデメリットがあり、取得方法や必要な時間、掛かる金額も変わってきます。つぎの章では、それぞれの特徴について説明します。